葬儀費用直接支払型保険

「やすらか」とは、ご自分の葬儀をご自身でご用意できる定期保険です。

満50歳以上満79歳以下の方であればご加入になれます。払込方法は「月払」と「年払」がございます。

特徴1

葬儀費用の支払い手続きを簡素化できます!

弊社が提携している葬儀施行事業者の葬儀内容をお選びいただき、保険金受取人さまが葬儀施行事業者へのお支払いを承諾した場合、提携葬儀施行事業者へ直接、保険金を支払うことができます。

特徴2

保険金が葬儀費用を上回り、差額が生じた場合は差額が生じた場合は差額を保険金受取人さまにお支払いします!

葬儀費用に不足額が生じた場合、保険金受取人さまは提携葬儀施行事業者に不足額を支払う必要がございます。

4つの安心

1 健康に自信のない方も安心!

医師の診査は不要

ご自身による健康告知書が必要になります

  1. 過去5年以内に医師に診断された病気やケガについて㋑〜㋠に該当するか ㋑高血圧症 ㋺悪性新生物 ㋩心臓疾患 ㋥脳血管疾患 ㋭動脈瘤 ㋬肝臓疾患 ㋣糖尿病 ㋠その他7日以上医師の治療を受けた病気やケガ
  2. 最近3ヵ月以内の医師による入院・手術のすすめの有無
  3. 現在、日常生活で要支援・要介護の状態か

請求を受けた日から5営業日以内に保険金をお支払いします

※ただし、調査・確認等を要する場合は、この限りではありません。

2 ご高齢の方でも加入できて安心!

50歳〜79歳までの方が加入できます

3 資金面で家計にも安心!

最長5年間、保険料は上がりません ※ただし、更新時に見直しが可能です。

4 長期保障で安心!

保障は94歳まで継続できます

保険金の種類

死亡保険金

保険金例

死亡保険金額 100万円

月払 (単位 円)
年齢階級 保険料
50-54 1,270
55-59 1,630 1,090
60-64 2,090 1,280
65-69 2,790 1,620
70-74 4,190 2,290
75-79 6,470 3,460
80 8,480 4,630
81 9,280 5,170
82 10,170 5,810
83 11,190 6,520
84 12,310 7,280
85 13,550 8,110
86 14,930 9,070
87 16,450 10,160
88 18,090 11,410
89 19,760 12,750
90 21,740 14,170
91 23,750 15,740
92 25,870 17,520
93 28,120 19,520
94 30,510 21,680
年払 (単位 円)
年齢階級 保険料
50-54 15,140 11,240
55-59 19,490 13,050
60-64 24,940 15,290
65-69 33,190 19,330
70-74 49,530 27,250
75-79 75,690 41,030
80 98,360 54,590
81 107,200 60,850
82 117,110 68,180
83 128,230 76,190
84 140,500 84,800
85 153,810 94,180
86 168,530 104,850
87 184,510 117,000
88 201,550 130,710
89 218,680 145,230
90 238,680 160,480
91 258,600 177,040
92 279,380 195,680
93 301,010 216,180
94 323,510 238,010

保険金額一覧(PDF)

葬儀内容

死亡保険金額に相応した葬儀内容のコースを、
提携葬儀施行事業者がご提供いたします。

※祭壇は、生花祭壇の仕様も選択できます。

区分 100万円コース 会葬者50名まで 通夜式あり / 告別式あり / 火葬あり
祭壇 白木祭壇
移送・管理 寝台車
ドライアイス1回分
吸水シーツ
枕花
式場設営 御位牌
御遺影写真
受付用具
ローソク・線香
記録用品
祭壇用焼香用具
祭壇用盛物
会葬者用焼香用具
看板
放送設備
式進行用品 案内用品
会葬御礼状(50枚)
霊柩車
御棺(11種類より選択)
棺内外装品
納棺用品
骨壺一式(上代25,000円迄)
火葬料金(12,000円迄)
ご奉仕 祭壇飾り・幕飾り
司会・納棺儀式
火葬のご案内
諸手続き
後飾り 後飾り祭壇(塗り)
料理・飲物・返礼品 料理・飲物・返礼品15万円迄充当
式場 式場使用料金
司式者御礼 10万円迄充当

葬儀内容一覧(PDF)

注意事項

この保険に契約者配当金・解約返戻金はありません。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 免責事由
  • (1) 最初の契約責任開始時(更新契約を含む)から起算して2年以内の被保険者の自殺
    (2) 保険契約者が被保険者を故意に死亡させた場合
    (3) 保険金受取人が被保険者を故意に死亡させた場合。ただし、その者が死亡保険金の一部の受取人である場合は、死亡保険金の残額を他の保険金受取人にお支払いします
    (4) 戦争その他の変乱によって被保険者が死亡した場合
  • 告知義務違反による解除の場合
  • 重大事由による解除の場合
  • 保険契約が無効になった場合

その他の注意

  • 保険契約者保護機構の行う資金援助等の借置はありません。(保険業法第270条の3第2項第1号に規定の補償対象契約にも該当いたしません。)
  • クーリングオフの適用はありません。

上記内容は一例です。
下記の重要事項説明書及び約款を必ずお読みください。